イントロダクション

写真家・藤原新也が、1人の少女との出会いとその結末を描いたノンフィクション作品を「青空のルーレット」の西谷真一が映画化した作品である。渋谷の路上で出会った母と娘の愛憎を「殯の森」のカメラマン中野英世がドキュメンタリータッチで捉えていく。出演は「クローズZERO II」「TAJOMARU」の綾野剛、「悪夢のエレベーター」の佐津川愛美、ベテラン女優の松田美由紀、石田えりなど。

ほか出演:ARATA 大島優子 西村和彦 斎藤工 藤井リナ 相葉優羽 颯太

ストーリー

駆け出しフリーカメラマンである水澤(綾野剛)は、渋谷の路上で少女たちを撮影して記事を書くことを仕事にしていた。だがある日、編集長の栗山(石田えり)からひとつの指摘を受ける。撮影してきた写真が彼女たちの上辺だけしか捉えていない‥、と。
その晩、帰宅した水澤が誌上募集で集まった履歴書を眺めていると、その中にあった一枚がふと目に止まる。それは、顔写真は漫画の切り抜きで、端に青いボールペンで携帯番号と“わたしをさがして”という言葉だけが書かれていた。不可解に思いながらも水澤がその携帯に電話をしてみると、少女らしい声が聞こえたものの、会話もなく切られてしまった。

とある夜。水澤が渋谷の街を歩いていると“死んでもいいじゃん!”という叫び声が耳に入る。聞こえた方に振り返ってみると、派手なメイクをした少女(佐津川愛美)が母親(松田美由紀)を突き飛ばし、スタスタと去っていってしまう。何かを感じ、とっさに少女の後を追う水澤であったが、ファッションヘルスで“ユリカ”という名で働いていることを突き止めると、入店して彼女を指名。再会した彼女にあのとき母親を突き飛ばした理由を聞こうとするのだが、不快感を露にした彼女から追い出されてしまうのであった‥。(参考:moviewalker

シブヤ経済新聞ニュース

渋谷ヒカリエに体験型「ドラクエ」ミュージアム オリジナル制作物で世界観再現
2016年 05月 28日
渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)9階ホールで5月27日、今夏開催を控える「ドラゴンクエストミュージアム」の制作発表記者会見が行われた。
代官山で「ぼくらが琳派を継いでいく展」 アトムや初音ミク、リラックマなどとコラボ
2016年 05月 27日
代官山のギャラリー「AL」(渋谷区恵比寿南3、TEL 03-5722-9799)で現在、「ぼくらが琳派(りんぱ)を継いでいく展」が開催されている。
コップのフチに「おそ松さん」 奇譚クラブがカプセルトイ発売、製作5カ月
2016年 05月 27日
「コップのフチ子」などを手掛けていることで知られるフィギュアメーカー奇譚(きたん)クラブ(渋谷区恵比寿2)は5月26日、テレビアニメ「おそ松さん」のカプセルトイ・ブラインドボックスを発売した。